カーテン通販の「カーテンズ」公式ブログ

意外と知らない?カーテン選びに役立つハウツーやノウハウ情報が満載!

hida

カーテンの種類について カーテンの選び方 ライフスタイル別カーテンノウハウ

【カーテンのヒダ】買う前に知りたい!ヒダの上手な選び方って?【1.5倍ヒダ・2倍ヒダ・フラット】

2022/01/04

カーテンズのブログをご覧いただきありがとうございます!
窓装飾プランナーの吉田です♪

みなさん、カーテンの【ヒダ】って知っていますか?

カーテンには、「1.5倍ヒダ」や「2倍ヒダ」、
ヒダのない「フラット」(ストレート、ノンプリーツとも)」などの種類があるんです。
カーテンを購入した経験のある人は聞いたことがあるかもしれませんね。

このカーテンの「ヒダ」の違いは
お部屋やインテリアのイメージに合わせたカーテンを選ぶために
とっても重要な要素
なんです!!

そもそもヒダってどういうもの?
1.5倍や2倍ってどういう意味?
どんな違いがあるの?ヒダの選び方のポイントは?

など、それぞれの特徴やおすすめのお部屋などをご紹介していきます!
あなたにぴったりなカーテンを購入するために
ぜひぜひ覚えていただけると嬉しいです♪

目次

カーテンのヒダとは?

お使いのカーテンの上の方を見てみてください。
裏側にフックがある部分の表が、
生地をつまんで山になっていると思います。
ここが「ヒダ」です!

ヒダ

この写真は生地をつまんだ山が2つある「2つ山(ふたつやま)の1.5倍ヒダ」ですが
物によっては山が3つある「3つ山(みつやま)の2倍ヒダ」(↑写真は3つ山2倍ヒダ)や、
山のない「フラット(ストレート、ノンプリーツとも)」などの種類があります。

ヒダの目的は?

ヒダってなんのためにあるの?と聞かれる方もよくいらっしゃいます。
カーテンのヒダにはいろんなメリットがあるんです!

例えば

  • ドレープ(ウェーブ)を美しく見せる
  • カーテンをまとめた時にキレイに見える
  • 保温性・遮光性UP

など。

ヒダ山があることで自然と谷ができるため、
カーテンを開けて左右にまとめた時も綺麗にプリーツにそってまとまってくれます
また、ウェーブが綺麗に出ることで空気の層や生地の重なりができ、
保温性や遮光性がUP
しますよ♪

 

1.5倍ヒダや2倍ヒダなどの「倍」って何?

ヒダの「1.5倍」「2倍」とは、
カーテンの仕上がり幅に対して使う生地の幅を表しています。

1.5倍ヒダで仕上がり幅100cmのカーテンを作る場合、
100 × 1.5 = 約150cmの生地を使います。

2倍ヒダの場合は、100 × 2 = 約200cmの生地を使うということですね。

あくまで縫製に使う生地の多さが異なるだけなので、
どちらも仕上がりは100cmの幅になります!
混乱しがちですが、サイズ計算の際は「倍」に惑わされないようにしてくださいね!

 

それぞれのヒダの特徴・メリットデメリット

カーテンは主に「1.5倍」「2倍」「フラット」という種類があることを
先程ご説明しましたが、
具体的にどんな特徴や違いがあるの?
というところをこちらでご説明いたしますね(*^^*)

 

1.5倍ヒダ:スタンダードでリーズナブル

ロイヤル

1.5倍ヒダのカーテンはよくある一般的な仕様で既製品にも多いヒダの種類です。

【特徴】ナチュラル,カジュアルな雰囲気
【メリット】柄物でも無地でも映える・ドレープが深すぎないのですっきりした窓辺に
【デメリット】高級感はあまり出ない
【価格】使う生地が少ないのでお手頃!

1.5倍ヒダカーテンにはこんな生地がおすすめ

 

2倍ヒダ:オーダーカーテンらしく、高級感がある

2倍ヒダイメージ

オーダーカーテンと言えば2倍ヒダ、という方も多いのではないでしょうか?

【特徴】ドレープ(ウェーブ)が深く、存在感がある
【メリット】ゴージャスな雰囲気で高級感が出る・保温性UP・生地の重なりが多いので外から見えにくい
【デメリット】生地を多く使う分継ぎ目も生じやすい・柄が見えにくい
【価格】使う生地が多いので基本的には高価

2倍ヒダカーテンにはこんな生地がおすすめ

 

フラット(ストレート、ノンプリーツ):ラフで軽やか。柄を楽しみたい方に

カプリ フラットカーテン

フラットカーテンはヒダ山がなくすっきりと仕上がり、近年人気の仕様です。

【特徴】ヒダ山を作らない仕様・ゆるやかなウェーブ
【メリット】柄をそのまま楽しめる・ラフでナチュラル&抜け感のある印象になる
【デメリット】開けてまとめた時に少しおさまりが悪い・カーテンを閉めた時にウェーブが均等になりにくい
【価格】使う生地が少ないのでお手頃!

フラットカーテンにはこんな生地がおすすめ
※フラットといっても、カーテン全体がピタッとまっすぐになるわけではありません。
(そのような仕上がりがご希望ならシェードカーテンロールスクリーンがおすすめですよ!)
ゆるやかなウェーブが出るよう、レールより少し大きめの幅に仕上げるのがおすすめです。

ちなみに1.5倍ヒダやフラットは
2倍ヒダに比べると生地の継ぎ目が生じにくいですが、
カーテンの製法上基本的に継ぎ目はどうしても生じてしまいます。
気になる方は、継ぎ目のないシームレスな生地をお選びくださいね!

 

こういう場合はどれがおすすめ??理想のイメージ別に解説!

「ヒダの特徴は分かったけど、実際こういうお部屋だったらどれがおすすめなの?」
そんな方には実践編!

お部屋やインテリアのイメージが決まっている場合などに
おすすめのヒダを解説していきますよ♪
他にも知りたいケースがあればぜひぜひ教えてくださいね!

ラフでナチュラルなお部屋にしたい!

・ナチュラルインテリア
・抜け感のあるリゾート風インテリア
・爽やかな西海岸風インテリア
など、ラフでナチュラルな雰囲気にしたい方は…

1.5倍ヒダかフラットがおすすめ!

1.5倍ヒダはややカジュアルな雰囲気。
どんなお部屋にも合い、いい意味で主張しすぎないバランスの良いひだ倍率だと思います♪
フラットはさらっと一枚布をかけたような気取らない印象でとってもおしゃれ!
今回は詳しくご説明していませんが、ハトメカーテンもおすすめですよ。

 

エレガントなお部屋にしたい!

・エレガント&クラシックなお部屋
・重厚感が欲しいヴィンテージテイストのインテリア
・応接室など高級感を演出したいおもてなしの空間
など、エレガントでゴージャスなお部屋にしたい方は…

2倍ヒダがおすすめ!

2倍ヒダなら深いドレープとたっぷりの生地でお部屋がワンランクアップ!
海外インテリアのように裾を10~30cmほど長くする「ブレイクスタイル」もおすすめです。
(ブレイクスタイルは床の隙間がなくなるので、遮光性や保温性がさらにUPしちゃうメリットも!)
刺繍が美しいトルコレースカーテンは継ぎ目のできないシームレス生地なので
2倍ヒダ仕様にはぴったりですよ♪

 

スタイリッシュでスマートなお部屋にしたい!

・ミニマルなインテリア
・すっきりとした印象のお部屋
・生活感のないお部屋
など、スタイリッシュでスマートな雰囲気にしたい方は…

フラットがおすすめ!

ゆったりしたドレープだから奥行きがでないので、省スペースですっきりした窓辺に仕上がります!
ロールスクリーンブラインドなどのメカ類もおすすめです。

 

気に入ったカーテンの柄を楽しみたい!

・北欧カーテンなど、大柄でおしゃれな主役級カーテンをメインで楽しみたい
・カーテンを絵のようにお部屋に飾りたい
といった方は…

フラットがおすすめ!

ヒダ山を作らないから柄がそのまま楽しめるフラットカーテン。
北欧ブランド生地などカーテンの柄をインテリアの主役にしたい場合におすすめです!
前述していますが、フラットカーテンの場合はゆるやかなウェーブが出るサイズを推奨しているので
ぴったりまっすぐにしたい場合はカーテンではなく
シェードカーテンロールスクリーンもご検討くださいね。

 

天然素材のカーテンにはどれが合う?

・リネン(麻)
・コットン(綿)
などの天然素材を使ったカーテンをご検討の方は…

存在感や高級感が欲しいなら2倍ヒダ、さらっと軽やかにしたいならフラットがおすすめ!

天然素材カーテンは柔らかな質感が魅力。
ボリュームと重厚感の出る2倍ヒダなら、天然素材のカーテンがお部屋の主役に
細かい総柄ならヒダありもとってもおすすめです◎
また、さりげない素材感や生地の表情を楽しみたいならフラット仕様で軽やかな窓辺に!
フラットの場合、注文時にゆとりをどれだけ取るかで仕上がりの印象をお好みに合わせて変えられます♪

 

外から見えにくくしたい!

・道路沿い
・隣家が近い
・一人暮らし
など、外からの見えにくさを重視したい方は…

2倍ヒダがおすすめ!

2倍ヒダはたっぷり生地を使うため、生地の重なりが多くなって外からも見えにくくなるんです!
気に入った生地に遮像性があまりない・・・という場合でも、
ヒダでこのように工夫することができるので覚えておいてもらえると嬉しいです♪

 

お部屋に合わないヒダのカーテンを選ぶとどうなるの?

「オーダーカーテン=2倍ヒダのイメージだった」「安かったから1.5倍ヒダにしたけど…」
など、なんとなくの理由でヒダを決めてしまう方が実は多いんです。

雰囲気に合わないカーテンだったらどうなるの??
よくある例をいくつか挙げてみました!

ラフでナチュラルなお部屋に2倍ヒダのカーテン

⇒ カーテンだけゴージャスな雰囲気でなんか浮いちゃってる、、

 

エレガントなお部屋に1.5倍ヒダのカーテン

⇒ インテリアは素敵なのに、窓辺が寂しく感じるかも、、

 

柄が気に入ったカーテンで2倍ヒダのカーテン

⇒ ドレープが深く多いので、せっかくの柄が見えにくい!!
せっかく悩んで決めたカーテンが
ヒダ選びの失敗でお部屋のイメージとちぐはぐになってしまうと
とっても残念ですので(´;ω;`)

カーテンズのスタッフへのご相談も大歓迎です!
迷った際はネットショップのお問い合わせフォームから
お気軽にお尋ねくださいね♪

 

厚地とレースのヒダは統一しないとだめ?

「1つの窓の中で、厚地は2倍ヒダ、レースは1.5倍ヒダにしたい…
こういうのってアリですか??」
そんなお問い合わせもよくあります。

早速結論になりますが、全然アリです!!

厚地とレースのヒダは統一しなくて大丈夫!

基本的には厚地のカーテンとレースカーテンが開け閉めで干渉することは少ないので
どちらにどのヒダを選んでいただいても大丈夫です◎

上記の「厚地は2倍ヒダ、レースは1.5倍ヒダ」という組み合わせは
目に触れやすい厚地カーテンは高級感を演出し、レースカーテンのほうで価格を抑えることができます。
どちらも2倍ヒダにするとどうしても高価になってしまいますからね(>_<)

逆に日中過ごすことが多いお部屋の場合は
「厚地は1.5倍ヒダ、レースは2倍ヒダ」の組み合わせもおすすめです♪

ただ、一つのお部屋の中に複数窓がある場合で
・片方の厚地カーテンは1.5倍ヒダ
・もう片方の厚地カーテンは2倍ヒダ
…というのは統一感がなくなってしまうので避けたほうがベターです。

お部屋ごとに統一されていれば、
・お客様がよく来るリビングは厚地を2倍ヒダに
・子ども部屋や寝室は価格を抑えて1.5倍ヒダに
という賢い選び方もできますよ!

 

サイズの測り方が知りたい!

カーテンはサイズもとっても重要なポイント!

基本的にはカーテンレールの長さ+ゆとり分(※)がカーテンの幅になります
(両開きの場合はさらに半分にしたサイズが1枚分の幅)

※ゆとり分とは?
⇒カーテンレールのサイズに対する数cm程度の余裕のこと。カーテンがパツパツにならないようにしたり、光漏れを軽減したりするために必要です!
1.5倍ヒダや2倍ヒダはレール幅の3~5%程度をゆとり分として足すことをおすすめしています。

 

「1.5倍」「2倍」はサイズに関係ある?

「1.5倍」「2倍」という数字が付いているので
レール幅×1.5倍するの?2倍するの?と思ってしまいがちですが、
こちらは製作工程で計算するだけなので
お客様は計算時に考慮する必要はありません

1.5倍ヒダも2倍ヒダも、計算方法は全く同じです♪

▼動画付き♪分かりやすく詳しいサイズの測り方を見る

 

フラットカーテンのサイズについては特殊なので要注意!

1.5倍ヒダや2倍ヒダは5%ほどゆとりをもたせる、とお伝えいたしましたが
フラットカーテンはサイズの計算方法が異なります!

ヒダ山がないためゆったりとしたウェーブになるのですが
どれだけウェーブを出すかはお客様のお好みによるため、決まった計算式がないのです。

ですが、一般的には1.1倍~1.3倍程度をおすすめしています♪

フラットカーテン倍率比較

カーテンレール幅ぴったりにしてしまうと隙間があいて光漏れが気になったり
見た目も窮屈であまり格好良い仕上がりにはなりません。

絵を飾るようになるべくまっすぐにしたいという場合は、
レール幅+数cmプラスがおすすめです!

 

フラットカーテンはフック選びも注意

フラットの場合はヒダ山がないため、カーテンを開けて左右にまとめる際に
通常よりも前後に生地が干渉します。


フックのタイプはレールが見えるAフックがおすすめ。
Bフックだとレールに生地が当たってしまい、綺麗に収まりにくいです(>_<)

 

厚地もレースもフラットカーテンにする場合

基本的には一つの窓に掛ける厚地とレースの倍率は
気にしなくてもOK!と言いましたが
フラットの場合、先ほどお伝えしたように
前後への干渉がヒダ有りのカーテンよりも大きくなります。

ですので、どちらもフラットにする場合は開け閉めの際に干渉しにくいよう
窓側のレースカーテンを少し小さめの幅にするのがいいですよ!
厚地をレールの1.3倍程度のサイズにするならレースは1.1~1.2倍くらいがおすすめです◎

 

「1.5倍」「2倍」「フラット」それぞれのおすすめカーテンご紹介♪

それでは、当店のおすすめ商品をヒダ別にご紹介いたします!
カーテンの素材やインテリアのイメージでおすすめが変わるので
少しでもご参考になれば幸いです♪

 

おすすめカーテン【1.5倍ヒダ編】

カジュアルな印象でお値段も高くなりすぎず、
基本的にはどんなカーテンでも合うスタンダードな仕様が1.5倍ヒダ。

 

北欧風遮光カーテン まんまるリーフ

slide_manmaruleaf

しっかりした遮光2級生地だから眩しい光をほどよく遮って快適。
北欧ライクなかわいいデザインもばっちり楽しめます♪
カーテン まんまるリーフ

 

星空のような遮光カーテン ロケット

遮光2級カーテン ロケット(ネイビー×ゴールド)

お星さまが散りばめられたようなデザインがとってもかわいい
人気の遮光カーテン!
小さめだけど存在感のある柄なので1.5倍ヒダでも映えておしゃれです♪
ペアデザインのレースカーテン「刺繍ホシ」と、お得なセットもおすすめです★
カーテン ロケット

 

おすすめカーテン【2倍ヒダ編】

ややお値段は張りますがやっぱり高級感が違う2倍ヒダ♡
光沢のあるカーテンや刺繍レースがとくに相性◎

 

ベルベット風遮光2級カーテン シャンゼリゼ

遮光カーテン シャンゼリゼ
※こちらの写真は1.5倍ヒダ仕様です

光沢のあるベルベット風の生地がとってもエレガント。
2倍ヒダでたっぷりドレープをとればさらに高級感倍増でおすすめです~!
なめらかな生地の表情も楽しめますよ♪
カーテン シャンゼリゼ

 

トルコレースカーテン オリヴィア

トルコレースカーテン オリヴィア
※こちらの写真は2倍ヒダ仕様です

華やかなトルコ刺繍が高級感あふれるお部屋にしてくれます。
ボイル生地の透明感やふわっと感が、2倍ヒダと相性抜群。
目線の高さくらいの刺繍なので、2倍ヒダになることで外からの見えにくさもアップ!
また、横使い生地だから幅広サイズや2倍ヒダにしても継ぎ目がなく美しい仕上がり。
トルコレースカーテンは特に2倍ヒダが絶対おすすめです♡
トルコレースカーテン オリヴィア

 

おすすめカーテン【フラット編】

あえてさらっとした仕上がりにするラフさが近年人気♪
価格もお手頃になる場合が多いので嬉しいですね!

 

北欧カーテン クルイェンポルヴィ|marimekko

クルイェンポルヴィ|marimekko
※こちらの写真はフラット仕様です

北欧デザインによく見られるこんな大柄のカーテンは
ヒダなしで柄をそのまま楽しめるようにフラットにするのが断然おすすめ!
また、北欧生地は継いだ時に柄が横方向にはつながらないことが多いので、
使う生地が少なく柄が途切れにくいフラットが人気です。
カーテン クルイェンポルヴィ|marimekko

 

岡山産本格デニムカーテン イチヨン

デニムカーテン イチヨン
※こちらの写真はフラット仕様です

岡山県のデニム産地で作った本物のジーンズ生地でできたカーテン。
きっちりヒダを作らないラフな雰囲気がとってもおしゃれ!
このようにフラット仕様で裾を垂らすのもこなれ感が出てGOODです♪
デニムカーテン イチヨン

 

リネンカーテン WASHリネン(オートミール)

リトアニアリネン100%カーテン WASHリネン
※こちらの写真は1.5倍ヒダ仕様です

リトアニア産の上質で柔らかなリネンの質感と、
軽やかさを演出するフラット仕様の相性が最高!◎
天然素材ならではの素材感をナチュラルに楽しめます!
カーテン WASHリネン
いかがでしたでしょうか??
一見専門用語で難しそう、、、と思うかもしれません。
でも、ちょっと理解を深めていただくだけで
カーテン選びがあっという間にプロ級になっちゃいますよ♪

理想のお部屋づくりのために、
ぜひぜひこの記事を参考にカーテンを選んでいただけると
とっても嬉しいです!

ご不明な点やお悩みの点がございましたら
ネットショップ「カーテンズ」のお問い合わせフォームから
いつでもお気軽にお尋ねくださいね☆

最後までお読みいただきありがとうございました♪

カーテン通販【Curtains】

この記事を書いた人

窓装飾プランナー吉田麻衣
カーテンズ WEB制作スタッフ。色彩検定と窓装飾プランナーの資格を生かして素敵なお部屋づくりをお手伝いいたします!ナチュラル・アンティークなテイストが好きですが、最近は機能性とおしゃれさを兼ね備えた北欧デザインにハマりつつあります。カメラと音楽と楽しいことが大好きです。

 

-カーテンの種類について, カーテンの選び方, ライフスタイル別カーテンノウハウ
-, ,

おしゃれなカーテンを安く買うなら

カーテン通販専門店のカーテンズ

カーテン通販専門店のカーテンズでは、北欧カーテンや遮光カーテン、レースカーテンなど約1100種類以上の商品を揃えています。1cm単位の細かなオーダーもOK!