カーテンの通販専門店。レースカーテンや遮光・遮熱などエコカーテンあり。「できたて」をお届け。

高品質・低価格のオーダーカーテン通販専門店【カーテンズ】

【キャッシュレス決済で5%還元!】お買い上げ15,000円(税抜)以上送料無料

縫製仕様について

プレミアム縫製って・・?

当店の「プレミアム縫製」は、カーテンがワンランク上の仕上がりとなるため、高級感がでます。

当店の中でも「プレミアム縫製」をしているカーテンは、細部に渡って丁寧な縫製仕上げをしております。
通常の縫製と比べてカーテンを吊るした時のドレープの状態や裾周りの落ち着きが違います。
通常縫製とは違う6つのポイントをご紹介!

スタンダード縫製とは

「スタンダード」もしくは縫製記述がない場合は、当店が定めた基本縫製を行っております。上ヒダ部分は70〜75mm、裾の三巻折り返しの一折目は短い、耳の折り返し20mm、タッセル芯地なしとなります。

形状記憶について

ドレープが半永久的な「形状記憶加工」がおすすめです。

形状記憶加工をすることによりカーテンの収まりがよく綺麗なひだができます。
また洗濯してもとれないのでご安心ください。
生地に張りがあったり、遮光糸を使用したり、横ストライプのような生地は、形状記憶加工をしないとヒダの大小が大きく現れて、イメージと違うといった印象になります。規則正しいヒダをイメージされているのでしたら、加工つきをおすすめします。
ただし、天然素材が含まれている生地(綿100%、麻100%、綿麻、綿混など)は形状記憶加工ができませんのでご注意ください。

フラット(ストレート)仕様について

フラット(ストレート)とは、全くヒダ山がない平面でまっすぐなカーテンです。


フラットカーテン:カプリ

インテリアとしてカーテンの柄を見せたい時や、間仕切りや目隠しのように使いたいときにオススメです。
フラットカーテンはヒダがほぼない分、絵画のように美しくはっきりと柄を見せることができます。また、カーテンを閉めた時にお部屋がすっきりとし開放感があるように見えます。
印象を変えたい、カーテンのデザインが活きるお部屋を作りたい時にいかがでしょうか?

フラットカーテンのヒダの比較

フラットカーテンを注文する際はカーテンレールの長さに対して使用する生地の量が重要になります。こちらを考慮して注文をしないと、仕上がりが大きく変わります。
例えば、
フラットカーテン1.0倍⇒カーテンレールの長さに対して1.0倍の生地を使用する
フラットカーテン1.3倍⇒カーテンレールの長さに対して1.3倍の生地を使用する
ように倍率が高くなるほど生地の量も増えていきます。
どのようにカーテンをご使用になりたいかを踏まえ、倍率を決めましょう。

フラットカーテンのメリット・デメリット

 1.0〜1.1倍1.3倍
メリット ・柄がはっきりと見える
・すっきりとした窓辺になる
・絵画のようにデザインが映える
・存在感がある
・ウェーブの効果で奥行きが生まれる
デメリット ・ヒダ山がないためカーテンを束ねる時に広がりやすい
・両サイドの窓枠との間に隙間が出るおそれがある
・ドレープが不規則なため大きな窓になると不格好になる
・両サイドに生地がたまりやすい
・均等なウェーブを出したいときは自分で調整する必要がある

全くのフラットにしたい場合は両サイドの窓枠との間に隙間ができる可能性をふまえ、横幅+1〜2cmの余裕を持たせるのをオススメします

アジャスターフックについて

フラットカーテンは専用のベルト芯地の差し込み口に フックが差し込まれています。 簡単に着脱することができるようになっています。
※ヒダの上部の高さは7.5cmです

ヒダについて

フラットカーテンはウエーブがないため カーテンを寄せると下図のような状態になります。ヒダ山を作りしっかりドレープを出す1.5倍ヒダに比べ、フラットカーテンはヒダがなく波のような収まりになります。

フラットカーテンのひだ[ピエニウニッコ(ブラック)]厚地カーテンの1.5倍ひだ[ミーナ(ブルー)]

ハトメ仕様について

ハトメカーテンとは、ハトメリングをポールに通すカーテンです。

ハトメカーテンの商品はこちらから >>

1.5倍ひだと2倍ひだの違い

たっぷりとしたドレープをご希望ならぜひ「2倍ヒダ(三つ山)」をお選び下さい

1.5倍ヒダとは生地要尺が幅に対して1.5倍で作るカーテンです。
2倍ヒダとは生地要尺が幅に対して2倍で作るため、ヒダ数が多く、たっぷりとドレープが出ます。
カーテンのイメージ写真や住宅展示場で見るカーテンは、ほとんどが2倍ヒダで作られています。そのぐらい見た目のゴージャス感が違います。
要尺がかかる分、価格が高くなりますが、満足度が高いカーテンとなりますので、ぜひご検討ください。